7/23/2024

画廊にむけて壁面工事です♪ティミーちゃんに餌付け・・・

 梅雨もあけ、夏の容赦ない暑さがやってきましたね・・・。

わたしはここのガーデンを今年の3月に知ったので、すべての季節が新鮮です。

さぞガーデンの庭も暑かろうと、来てみると、
丘の上のここでは、琵琶湖からの風がとおりぬけ、原生林の森の木々が、
アトリエに木陰をつくっています。

今日は、アトリエの入り口の画廊部分の、壁面工事の日。
ガーデンの社長さんがお手配してくれて、大工さんが来てくださいました!

さすが!みるみるまに、仕上がっていきます!壁面に綺麗にベニヤが張られて、
随分画廊らしくなっていきます。嬉しい。


となりでは、ひつじのティミーちゃんとメイちゃんが、ドリルの音に驚いて、
ストレスのご様子・・・ 私はすかさず、おふたかたにおやつ(ガーデンのそのへんに生えているツユクサ)を、さしいれしました。



「ティミーちゃん!」(私)
「メエエ・・ モグモグ!!!」(ティミーちゃん:母)
あまりの勢いに、私、草を落としてしまい、ティミーちゃんが顔を柵の外に出して食べます。
食欲旺盛です。つづいて・・
「はい、メイちゃん どうぞ!」(私)
「モグモグ!」(メイちゃん:娘)

ティミーちゃんとメイちゃんに、ツユクサを差し上げてみたのですが、気に入ってくれたようで、よかったです。音でびっくりさせてごめんね・・・。


ひつじと遊んでいるうちに、あっというまに、美しい壁が出来上がっていました。
オーディオもあり、この棚には絵本や販売用の版画を並べる予定。ここで生まれていく作品をお楽しみに。
いつか、(物語に出てくる)スロバキアのはちみつも置きたいな・・・。

このあとは、漆喰風の白いペンキをぬり、額を吊るための壁面レールをとりつける予定です。

ガーデンの今の全貌はこちら・・・なんといっても、目の前の原生林が絶景です。




つくづく思うのですが・・・

幼いころに、私の中で生きる指針である「絵・創作」というものに出会い、今までそのために、3足の草鞋で全速力で走り続けてきましたが、自分の資金力では、とても、このような、まとまった金額は難しく、高価な版画の機械や道具をそろえ、自分のアトリエをもつことは、夢のようでした。

今回、みなさんにご支援を頂き、実現が近づいてきていること、この場所に導いてもらえたことが奇跡のようで、心から感謝いたします。
小さい機械ですが、一人前になる、初めの一歩が踏み出せたようで・・・

このいっぱいの感謝の気持ちをエネルギーに、作品を作っていきます。完成をどうぞお楽しみに・・・
ひきつづき、お見守り、応援、よろしくおねがいします。

▼ただいまクラウドファンディング挑戦中!
私のプロジェクトをご支援してくださる方は、こちらからどうぞ
https://motion-gallery.net/projects/sleepingpainter/

7/14/2024

ついに、シルクの機械・道具を発注です♪

 いよいよクラファン、折り返し期間となり70%となってきました。

ご支援頂いている皆さま、本当にありがとうございます。

あと少し♪頑張ります! ハーブがお好きな方、芸術…版画や絵本がお好きな方、

楽しみを共有してくださる方にひろく広まりますように…。

先日、シルクスクリーンに必須の、作品を乾かすラック、扇風機を搬入。

皆様のご支援のおかげで、だいぶ見通しが立ってきたので、

オープンに間に合うよう、ついにシルクの機械を発注します!

シルクに主に必要な機械と道具は…

・露光機(必要なものの中で一番高価。光で製版します)、

・フレーム(細かいシルクの網を貼ってます)・刷り台、

・スキージー(刷るヘラみたいな道具)・ステンレスバケット(網に溶剤を塗るために使います)

・溶剤・高圧洗浄機

そして、インク!色にこだわった制作をするので、インクは重要です。

私は体にも自然にも優しい版画を好んで使っており、

シルクのインクは水溶性を使います。水溶性は少しお高めなのですが、

普通の水と家庭用洗剤で流せてしまうので、

アトリエのおとなりさんの、ひつじたちにも安全。臭くなくて良いのです。




この間、ガーデンに行った時、急に夕立が降ってきました。

雨の後のいい匂い…最高の時間…

つよくインスピレーションを受けて、作品がうまれる新しい場所です。

アトリエが、無事出来上がったら、毎月の土曜マルシェで、

版画ワークショップも考えています。ぜひ版画に親しんでくださいね。

引き続き、状況更新していきますので、お楽しみに!

クラファンは、ハーブソルトが人気ですね。

その他、ハーブティーもガーデンのスタッフさんが配合されているのですが、

体に効くのを感じて、ほんとに美味しいのでおすすめですよ。



▼ただいまクラウドファンディング挑戦中!
https://motion-gallery.net/projects/sleepingpainter/


7/12/2024

リパの庭園コンサート🌿

🌿『リパの庭園コンサート』のお知らせ🌿

絵と本に囲まれた空間で間近に生演奏と歌が楽しめる、贅沢な時間♬
あったかい気持ちになると…大好評の山村和美先生の定期音楽会、『カティのおんがくかい』にひきつづき、『リパの庭づくり』(のら書店)の音楽会を開催することになりました✨

今回初公開、山村先生作曲のリパのテーマ曲がピアノで演奏されます。
お恥ずかしながら、作者の私による朗読と、
その間奏に、グリークの幻想的な曲が演奏されます。
鳥肌もののお琴の演奏、美しい歌…
そして、夏らしい曲も用意されてるとのこと。
カティとはまた違った、秘密の花園のような音楽です。ぜひたくさんの方に来て頂けたら嬉しいです。

まだお席ございますので、お申し込みをお待ちしています。

お申し込み・詳細は以下のURLよりご確認ください🦋 


7/05/2024

梅雨の晴れ間にスケッチ

 いつもご覧いただきありがとうございます!

このあいだ、梅雨のあいだの晴れ間に、リターン用のスケッチを描きに
ガーデンに行ってきました。
ちょうど今は、エキナセアを中心に、アジサイ、モナルダ、ねむの木などなど、かわいいお花が満開です。ここには150種類以上もの、ハーブが四季折々にさいているとのこと...。
この日は、休館日だったので、貸し切り状態で、絵を描かせてもらいました。
描きたいものがあちこちにあり、目うつりしてしまいます。


『リパの庭づくり』では、アジサイはリシュカおばあさんが大好きな花です。


『リパの庭づくり』(のら書店より)

ガーデンの敷地内には、もとからあった原生林がそのままに残されている場所があり、
松やねむの木、クチナシなども、鳥がはこんできたそうです。アジサイもそうなのかな...。木々の間から、いつも鳥の声がきこえてきます。


▼スケッチ▼

いま、庭の主役はエキナセア♪ チョウチョやハチが飛び交う中、座って描きました。


モナルダと謎の花蜂

私が描いていると、「そこじゃま!」とばかりに、まわりをぶんぶん飛んでくるまっくろな蜂がいました。メカのように黒光りしています。マルハナバチではなさそう。
ぶんぶんしても、怖くない子だということはわかっているので、お食事のじゃまをしないようにちょっとよけました。

名前のわからない背の高いハーブのお花や、辞典でしか見たことがなかったハーブ。
そして、なんて可愛いのかと思って描いていたお花が、くっつき虫の草だったとか。
ガーデンのスタッフさんに教えてもらいました。ハーブの先生にすぐ聞ける環境がありがたい...
分け隔てなく、みんな可愛く自然にそよそよしている様子に幸せいっぱいになりました。

スケッチは、少し採色してから、完成とします。
今モチーフがたくさん咲いてくれているので、せっせと描きたいと思います。


▼ただいまクラウドファンディング挑戦中!
https://motion-gallery.net/projects/sleepingpainter/

7/03/2024

『リパとみつばちの庭』原画展in 福岡・太宰府

🐝九州にて初めての展示のおしらせ🐝

『リパとみつばちの庭』版画展🍀

場所: 福岡・太宰府の「絵本の店あっぷっぷ」
会期: 7月6日(土)〜7月28日(日)
✨✨

7月6日から始まる、九州の、絵本の店あっぷっぷさん展示用にサインを描きました♬
原画ならではの、色の重なりをみてもらえると嬉しいです。

九州のみなさま、ぜひよろしくお願いします💛



7/02/2024

オープニングパーティーについて♪

いつもご覧いただきありがとうございます!

今日は、3万円以上のご支援すべてについてくる特典
アトリエオープニング 内輪パーティーへの招待状の詳細についてご案内いたします。

オープニングパーティーは、作者、福井さとこの、内輪の友人、絵本やアニメーションの関係者、お世話になっている皆様、尊敬する素敵なアーティストの方々をお招きして、
日ごろの感謝をこめて、『リパの庭園ミニコンサート』、ガーデンの見学、あたらしいアトリエのお披露目の会を開く予定です。会場は、こちら、近江おごとハーブガーデンのメインの建物となります。

ガーデン内MAPはこちら!
※福井のアトリエは自然工房の建物です。


近江おごとハーブガーデンのメインの建物 今年の3月撮影でまだ寒々しい写真...


当日晴れれば、庭側に少し椅子を出して、コンサートをきけるかも...。

クラファンでのリターンは、こちらの内輪の会への招待状となります。福井の内輪のみなさまと一緒に、ぜひあたたかい時間をお過ごしください。

※パーティーですが、食事は出ませんので、先にお昼を召し上がってからお越しください。


作曲家の山村和美先生。絵になります。


《概要・スケジュール
開催日:2024年9月23日(月曜・祝日)
場所:近江おごとハーブガーデン内 奥のメインの建物
※3万円以上のご支援特典(ご支援頂いた皆様には、日程が近づきましたら、招待状をメールいたします。)

◆ 13時半開場・14時『リパの庭園ミニコンサート』開演 1時間
 ※演奏のあと、休憩をはさみます。ガーデンでとれたハーブウォーターをご自由にどうぞ。

◆ 15時~ ガーデンの見学と、アトリエのご案内
 ※アトリエは小さいスペースになりますので、順番に御覧になっていただきます。

だいたい16時半頃解散を予定しています。最寄り駅はJR湖西線おごと温泉駅から、徒歩15分。最寄り駅からの車の手配(車で2分)も検討中です。お車の方は専用駐車場もございます。

近くには、おごと温泉の旅館も多くありますので、遠方からいらっしゃる方はこの機会に、泊まられるのも良いかもしれません。

きんだあぎゃらりいにて『カティあらかると』のメンバーがガーデンに来てくれます!
左から順に→作曲家/山村和美先生、筝/森市佳さん、福井さとこ本人、歌/岩室瑠花さん

『カティのおんがくかい』という、定期演奏会が、絵本屋きんだあらんどの1Fきんだあぎゃらりいにて開催されています。内容は、『カティとつくりかけの家』(ポプラ社)の物語をもとに、山村先生が作曲し、プロの音楽家の皆様による季節の美しい音楽、朗読がくりひろげられます。『カティあらかると』はその小さい音楽会。
いつも会場がなんとも優しいあったかい気持ちにつつまれるのです。今回、近江おごとハーブガーデンという場所で、ミニコンサートをしてもらえることになり、とても楽しみにしています。山村先生はじめ、音楽家の皆様に心より感謝いたします。

クラファンとは関係なく、音楽会のみに参加されたいという方は、
きんだあぎゃらりいにて、7月15日に開催予定です。以下から詳細をご覧ください。
『リパの庭園コンサート』詳細はこちら

皆様と一緒に、楽しいオープニングパーティーを迎えられることを楽しみにしています♪
まずは、アトリエ完成めざして、頑張ります。

▼ただいまクラウドファンディング挑戦中!
https://motion-gallery.net/projects/sleepingpainter/

▼『オープニングパーティーについて』に同じ記事をアップしています。
https://motion-gallery.net/projects/sleepingpainter/updates/51438

6/28/2024

クラファン記事③風邪・感染症に効く・エキナセアが満開です♪


6月、今の季節は、お庭にいくたびに、次々とお花が咲いていて、
みとれてしまいます。

ガーデンにはエキナセアがたくさん植わっています。
エキナセアというと、風邪や感染症予防にも良いとされ、ガーデンスタッフのみなさんは、コロナの時期、エキナセアのハーブティーを飲んでいたそうです。根っこまで使えるそうで、華やかな見た目だけでない、すごいハーブなのですね。

日本では、薬事法でハーブの効能は認められていないものの、私もまたスロバキアで、
ハーブの効能を実感しており、今でもスロバキアから自分に合うハーブティーを送ってもらっています。
スロバキア1年目の冬、私はひどい風邪をひいて、咳がとまらなくなり、日本から持って行っていた風邪薬も咳喘息の薬も全く効かず、よもやすごい病気では・・・とおびえていたのですが、ルームメイトが「これ飲んだら治るから」と、エルダーフラワーのハーブティーに、たっぷりハチミツを入れ、しょうがをすりおろして飲ませてくれました。

こんな強い咳、ハーブティーで効くものかと、半信半疑のまま飲んでいると、
あっという間に、咳が沈静化され治ってしまいました。優しく強く効いた感じです。
日本では、漢方薬がこれにあたるのでしょうけれど、現地の薬草はすごいと実感しました。

それ以外にも、生理痛や腹痛、メニエル、突発性難聴、、
日本から連れて行った持病がすべて完治してしまいました。
私にはスロバキアという国の風土も人も、とてつもなく合っていたのかもしれず、
個人差があると思いますが。とにかく、これらのハーブティーがあまりに効いたので、
スロバキア人やチェコ人のルームメイトが、薬草を処方するエルフか何かのようにみえました。

ところで、私の著書、『カティとつくりかけの家』(ポプラ社)にも、主人公のカティが
風邪をひいてしまい、エルダーフラワーで治すシーンが描かれています。
日本でも、病気をしたら(重病ならともかく)すぐ薬で治す、というのでなく、食べ物や自然の力で治すのが、実は、自分の免疫力を強めてくれるのではと思ったりします。



ここの近江おごとハーブガーデンは、日本ではめずらしく、メディカルハーブについて研究をされています。ガーデンでとれた無農薬のハーブを使い、体調にあわせて、処方されたハーブティー、ぜひ試してみてくださいね。リターンにも、ハーブティーが入ったものがあります。

▼ただいまクラウドファンディング挑戦中!
https://motion-gallery.net/projects/sleepingpainter/

▼『風邪・感染症に効く・エキナセアが満開です♪』記事をアップしました

6/20/2024

クラファン記事②念願だったアトリエ・ハーブ園との出会い


ガーデンでとれたリンデン/西洋ボダイジュの花


今まで、何かのタイミングで人生が変わるような、人や場所との出会いがありました。
そういう「時」がくると、いろんな縁が重なり、強い何かに導かれる気がします。

ここ、近江おごとハーブガーデンは、今年の初めに、悲しい思いが続いたことがあり、
心を休めたくて、たどりついた場所でした。


「夏みかんポン酢づくり」のワークショップの情報をみて、初めておとずれ、
夏みかん蒸留体験、手浴、夏みかんポン酢をつくり、ひつじを見てすっかり癒され、
その後、お昼ご飯に立ち寄った場所、月子茶屋で、知らないおじさま方と意気投合。
なんと、そのうちのおひとりがハーブガーデンのオーナーさんだったのです。

ずっとアトリエの場所をさがしているという話をしたら、ひつじの横の建物はどうかと・・・。
私は庭師をテーマに物語を描いているので、思ってもみない夢のような場所で、
とんとん拍子に話が進み、本当に不思議な一日でした。

そして、あとから知ったのは、なんとここには、主人公リパの名前の由来ともなった、
リンデンの木があるのです。リンデンは、私の第2の故郷、スロバキアの国の木。

日本ではなかなか育ちにくいと聞きますが、ここでは気持ちよさそうに枝をゆらし、
リパの友達の野鳥のシーコルのモデルとなった、シジュウカラが飛び交っています。

先日、お掃除のためにガーデンに行くと、ちょうど、リンデンが満開で、
その日はなんと、1年に一度のリンデンの収穫日とのこと。
ガーデンスタッフのYさんが、
「福井さん、リンデンと待ち合わせしていたみたいですね」と、言って、
写真をとってくれました。優しい言葉がしみて、日頃の忙しさも消えていくようでした。

この場所に、導いてくれた、ハーブガーデンのみなさん、そして敷地内の建物を
ご親切にも貸してくださったオーナーさん、そして早くもクラファンで
支援してくださった皆様に、心から感謝し、今後とも良い作品を作り続けたいと思います。
アトリエ&ギャラリー完成まで、どうぞお楽しみに・・・。


2巻『リパとみつばちの庭』のトビラ絵 シルクスクリーン


 

6/15/2024

クラファン記事①お掃除デー

晴れた日の朝、まずはアトリエの、お掃除からスタートです。
ガーデンアトリエはツタでおおわれているので、まずは2Fの窓のお掃除。



『リパの庭づくり』(のら書店)より

リパの物語をつくるモデルとなったのは、ブラチスラヴァ留学時代にルームメイトだった、イラストレーターで庭師のミルカ。彼女が言うには、ツタは、人の髪をカットするように切るそうです。

この時期のツタの生育はすごいですね!私も、リパになった気分で、ツタをすこし切り、虫さんにどいてもらい、スッキリ・・・。綺麗な空間になりました。

2Fは、シルクの版をかわかしたり、休憩をしたり・・そして大きい絵を描くことになりそうです。版画ばかり刷っているイメージですが、実は手描きもとても大好きです。

版画家は、とても綺麗好きな人が多いとききます。汚れた場所で作業をして、インクが紙についてしまえば、作品がボツになってしまうので、つねに、ピカピカにします。

私のブラチ美大のシルクスクリーンの恩師、ゲリアク先生は、
「Systematicky !システマティツキー!」(規則的に!)が口癖で、ヨコヨコ、タテタテでふき、
今でも、ふき掃除をするときは、この言葉が頭をめぐります。

窓からはひつじの親子の姿が・・・。「ティミーちゃん、メイちゃん!」と呼ぶと、上をむいてくれます。
お掃除に集中して頑張っていると、メエエエという声に癒されます。

▼ただいまクラウドファンディング挑戦中!
https://motion-gallery.net/projects/sleepingpainter/

6/13/2024

クラウドファンディング始動✨


🌼🐝いよいよ本日より🦋
『絵本作家 福井さとこの物語世界をハーブガーデン内に実現!アトリエ開設プロジェクト』
クラウドファンディングがスタートします!🌼🌿

この度、滋賀の琵琶湖が一望、おごと温泉が湧き出る地、近江おごとハーブガーデン内に、アトリエをかまえることになりました。
ひつじの親子がいたり、風がそよそよとハーブをゆらし、まるでリパの物語の世界に入ったような場所です🐑

ハーブガーデンの皆さんが、築き上げられたこの美しい場所に、入れてもらえて、
朝夕制作とむきあい、物語の世界を深く作り上げていけたらと思っています。

いままで倉庫で眠っていた銅版画のプレス機をついに稼働、
また、シルクスクリーンを刷れる設備を整えます。

時には、アトリエを開放し、みなさんに版画に親しんでもらえるように、、、
時には、ガーデンの野外でアニメーションを上映したり、、、実現できれば嬉しいです。

どうぞ、ご支援、何卒よろしくお願い致します!

▼クラファン 詳細はこちら▼


5/04/2024

『リパとみつばちの庭』ラフから

リパの2巻、『リパとみつばちの庭』(のら書店)のラフです🐝
リパのお話では本当の草花が出てくるので、毎回、専門の先生に監修に入って頂き、季節などおかしくないよう、庭に植える花なども吟味して選んでいます🌿🌿

今回のミツバチは、知れば知るほど専門性が高く、
埼玉、神奈川、京都、滋賀の養蜂家のみなさんやハチミツ店さんにご協力頂いて、やっと出来た本です。

この、子どもたちがミツバチの世話をしているシーンでは、本当は巣箱にスズメバチ捕獲器をつけていたのですが、
東欧(リパの設定)には日本のような強力なスズメバチがいないとのことで、ビンを使った対策だけに変更したり。
左上のアンナは最初、巣箱の掃除をしていたのですが、
あまり巣箱を引き出して掃除することはなく、
それよりも蜘蛛の巣がよくかかるとのアドバイスを受け、蜘蛛の巣掃除に変更したり🐝

見返しは、今回はミツバチの蜜源植物。一巻では、リシュカおばあさんの庭の植物でした。

その他にも、ミツバチの秘密と、ミツバチのような少年ミロの気持ちがたくさん詰まった一冊になっていますので、ぜひぜひ、手にとって頂けたら嬉しいです。
全て、シルクスクリーンという版画で制作した豪華な絵本です。

今、東京目白の貝の小鳥さんで、開催中です。
ゴールデンウィーク、お近くにいらっしゃることがあれば、ぜひぜひ、お立ち寄りください(^・^)


4/19/2024

シルクスクリーン版画展『リパとみつばちの庭』

🐝🍯展示のご案内🍯🐝
福井さとこ シルクスクリーン版画展
『リパとみつばちの庭』(のら書店)

今月4月26日より、東京目白の貝の小鳥さんにて、『リパとみつばちの庭』の版画(シルクスクリーン)を展示します。
京都のはちみつ店Au Bon Mielさんがつくってくださった、物語の中に出てくる蜜源植物の、リパのオリジナルはちみつセットや、
チェコの焼き菓子ツックルさんのみつばちクッキーも販売される予定🐝♪

私は、26~28日の間、だいたい13時半~17時頃までおりますが、前後する可能性があります。
来てくださる方はお声がけ頂けたら、その時間帯に、できるだけ居るようにします。皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

🌼🌼🌼🌼🌼🌼
場所:貝の小鳥
〒161-0033
東京都新宿区下落合3-18-10
03-5996-1193

期間:2024年4月26日(金)~5月6日(月)火曜定休日
営業時間12:00~18:00 ※最終日は17時まで
🌼🌼🌼🌼🌼🌼

11/12/2023

『リパとみつばちの庭』新刊発売と展示のおしらせ

🐝🐝
『リパとみつばちの庭』のら書店🐝
全国の書店にて新刊ほやほや発売です!!

『リパの庭づくり』2巻、『リパとみつばちの庭』(のら書店)の発売を記念してシルクスクリーン版画展を開催します。

腕のいい庭師のリパのもとに、みつばちがやってきて…。
自然とともに生きる喜びを描いた物語。シルクスクリーン(版画)で作った豪華なフルカラーの絵童話。ぜひご堪能ください。期間中、サイン本がおもとめいただけます。🌿🐝🍯

🐝【会期】
2023年11月9日(木)~21日(火)
10時~17時 (初日は13時~)
水曜・祝定休 
※11/11(土)臨時休廊
※作者在廊日:11月9日(木)13時~17時、18日(土)終日
その他の臨時在廊はツイッターにて


🐝【関連イベント】
 『カティ あらかると』
~カティのおんがくかい番外編~

ポプラ社刊行『カティとつくりかけの家』(福井さとこ作)のストーリーを中心に、ピアノ・箏・歌などの美しい音楽、朗読など、心温まるひとときを是非お楽しみください。🎹

🎹開催:11月23日(木・祝)
13時半開場 14時開演 14時~15時半
参加費:2,500円  
※定員15名様 
お申し込み詳しくは以下まで!


10/17/2023

新刊『リパとみつばちの庭』11月15日発売予定

新刊『リパとみつばちの庭』(『リパの庭づくり』2巻/のら書店)11月発売予定です。どうぞお楽しみに🐝✨
きんだあぎゃらりいにて、11月9日〜23日まで発売記念展予定です🐝🐝

Posted @withregram • @norashoten2017 【新刊発売のお知らせ】
11月9日配本にて『リパとみつばちの庭』(福井さとこ 作・絵)が発売となります!
リパは腕のいい庭師です。ある日、リパの家の道具箱に、みつばちがやってきて…。
リパは新しい友だちとみつばちのお世話をすることになりました!

自然とともに生きる喜びを描いた、素敵なお話です。
『リパの庭づくり』につづき、リパとシーコルが活躍します。1人読みをはじめたお子様にもぴったりの一冊、ぜひお手にとってご覧くださいませ⭐️⭐️⭐️

9/03/2023

『リパの庭づくり』シルクスクリーン版画展in kyoto

🚩きんだあぎゃらりいより 企画展のお知らせ🚩
 
 🌿福井さとこ絵童話『リパの庭づくり』シルクスクリーン版画展🌿

 ~いのちあふれる庭が 生きかえるようすを描いたものがたり~

🌿2023/9/10(日)〜24(日)
 
 
 
🌿会期中シルクスクリーンの作品をご購入頂いた方へ素敵なプレゼントがあります!お楽しみに(20 個限定)
 
 
OPEN 10:00~17:00 
※初日13時半から 最終日16時まで 
CLOSE 水曜・23日(土曜祝日)

🌿初日10日は13時半よりオープニングパーティーと共にopenいたします。
 ご参加は自由です。どなたでも遊びにいらしてください。
 ※申込不要、無料
 
 
🚩【event】申込受付中🚩

🦋『福井さとこさんのシルクスクリーン映像&お話会』(スロバキアのハーブティー付)🫖🦋🌿
 
 🦋作家がシルクスクリーンを刷っている映像や(のら書店撮影)、ブラチスラヴァ美大での作業映像と写真。配色について。スクリーンに投影しながら講演します。ハーブティーを飲みながら、一緒に遠い国に想いをはせませんか。🫖🌿
 
 
 🦋詳細

日時:9月24日(日曜) 14~15時半
場所:絵本屋きんだあらんど1F きんだあぎゃらりい
参加費:1,500円 (オンライン参加1,000円)※前売りチケット購入制
店舗参加 : 定員15名 
オンライン参加:制限なし ※ZOOMアプリが必要となります。無料アプリをダウンロードしてご参加ください。
 対象:どなたでも お話しを聞ける方なら小さなお子様でももちろん歓迎です。
 
 
 
🦋【お申し込み方法】 お申込み受付開始2023年8月31日より
 
1.メールにてお申込み
 
・件名:『福井さとこさんのシルクスクリーン映像&お話会』参加申し込み
・本文: ①お名前 ②お電話番号 ③参加人数(複数名で参加される場合) ④希望の参加形式 店頭or オンラインを明記の上
 きんだあらんど(mail): kinderland.event@gmail.com へお申し込みください。
 
2.オンラインショップのチケット購入案内をお送りします。(前売りチケット購入制です)
 
※オンラインでの購入が難しい方や、当日の店頭のお席がある場合のみ、お電話でのお申し込みを受け付けます。
基本的に前売りチケットご購入にご協力下さい。
場所:きんだあぎゃらりい(絵本屋きんだあらんど1F)
〒606-8354 京都府京都市左京区頭町351
お問い合わせ:TEL 075-752-9275